BRIDGESTONE ホーム会社概要プレスリリース採用情報お問い合わせ地図

プレスリリース
2006年5月
ポーラ・クリーマーが使用する世界初ピンクウレタンカバーボール
ゴルフボール『PRECEPT TOUR SIII』限定発売


 ブリヂストンスポーツ株式会社は、ポーラ・クリーマー選手がサロンパスワールドレディスゴルフトーナメントで使用し話題となった世界初のピンクウレタンカバーボール『PRECEPT TOUR SIII』を、2006年5月15日に緊急発売します。価格はオープンで、数量限定発売です。

 ポーラ・クリーマー選手は、2006年にブリヂストンスポーツのボールの品質と性能に100%信頼をよせて、ブリヂストンスポーツのボールスタッフの一員に加わりました。『PRECEPT TOUR SIII』は、ポーラ・クリーマー選手の要求にこたえる大きな飛距離性能、狙ったところに止められるアプローチスピン性能、柔らかな打球感を合わせ持つ高性能ボールで、2006年3月よりポーラ・クリーマー選手の使用球になりました。ポーラ・クリーマー選手は、通常、トーナメント初日から3日目までは白いカバーの『PRECEPT TOUR SIII』を使用しますが、最終日には勝負球として『PRECEPT TOUR SIII』のピンクカバーボールを使用しています。5月4日から開催されたサロンパスワールドレディスにおいては、決勝ラウンド2日間にピンクボールを使用。3日目にはベストスコアをマークし3位に入りました。

 また米国ではクリーマー選手がピンクボールでバーディを取るたびに、ブリヂストンゴルフ(ブリヂストンスポーツ米国法人)が500ドル相当のゴルフボールをLPGAとUSGAの少女ゴルフプログラム(ジュニア育成)に、その週のLPGAトーナメントが実施されている最寄りの支部に寄付。クラフトナビスコチャンピオンシップ以来、これまでに バーディ累積は12ホールで、計15,000ドル相当のボールの寄付をしています。また、今回のサロンパスワールドレディスにおいても7つのバーディを奪取。日本女子プロゴルフ協会を通してジュニア育成に3,500ドル相当のボールを寄贈します。

ポーラ・クリーマー選手コメント
『「PRECEPT TOUR SIII」はすごく飛距離が出るし、ソフトな フィーリングも私にピッタリ。ピンク色は私の勝負色なので、決勝ラウンドはピンクボールで戦うことにしました。このボールのおかげで集中力を高めることが出来、ピンクを使用した2日とも厳しいコース条件の中でも良いスコアを出すことが出来ました。』



  (1/2) NEXT→
このページの先頭へ戻る
戻る
個人情報保護基本方針WEBサイトにおける個人情報の取り扱いサイト利用条件
copy