BRIDGESTONE ホーム会社概要プレスリリース採用情報お問い合わせ地図

プレスリリース
2005年8月
〜「PROBEAM X」シリーズから本格派プロモデル登場〜
テニスラケット『PROBEAM X-BLADE』シリーズ新発売

ブリヂストンスポーツ株式会社は、「PROBEAM X」シリーズにおいて本格派プロモデル『PROBEAM X-BLADE』シリーズを2005年8月23日より新発売します。

同商品は、「エッグボール※ 」を打つための、高いレベルでのスピンとスピードのコントロール性と、業界初カーボンとグラスロービングの異素材のブレード製法による、プロが好む球のり感を実現した本格派プロモデルです。

ブリヂストンスポーツ契約の井藤祐一プロ、尾崎真衣加プロ使用予定で、重量315〜320g、フェース面積92・98・105平方インチの3サイズを揃えたハードヒッター向けモデルです。




【商 品 内 容】

1. 商品名及びメーカー: 『PROBEAM X-BLADE 3.2MID/3.2MID PLUS/3.15 OVER』
(プロビーム エックスブレード 3.2ミッド/3.2ミッドプラス/3.15オーバー)
  希望小売価格: \34,650(本体価格33,000円) ※専用ソフトケース付

2. 商品概要 :

商品名 X-BLADE 3.2 MID X-BLADE 3.2 MID PLUS X-BLADE 3.15 OVER
平均重量 320g 320g 315g
平均バランス 310mm 305mm 305mm
フレーム長 27インチ 27インチ 27.5インチ
フェース面積 92平方インチ 98平方インチ 105平方インチ
フレーム厚 21〜22mm 21〜22mm 21〜22mm
グリップサイズ 2、3、4 2、3 1、2、3
最適テンション 54±5ポンド 54±5ポンド 54±5ポンド


3. 商品特長 :

(1)高速スウィングで安定する、振りやすい設計
(1) 重量315〜320gでありながら、スウィングウェイトをトップアスリートが好む280〜290に設定。更にフェース両サイドにバランサーの役目をする高比重のタングステンラバーを挿入することで、ネジレに強くハードヒットに対しても高い面安定性を発揮します。

(2) NEW I-FORM形状
空気抵抗の少ないNEW I-FORM形状を採用。より高い安定感と先進のデザイン性を両立しています。
(1) タングステンラバー (2) NEW I-FORM形状


(2)プロが好む球のり感を生み出す“X-ブレード”製法
カーボン同士のブレード製法に比べ、カーボンの約3倍のしなやかさを持つ素材、グラスロービングをカーボンと編みこむことで、トップアスリートが求める適度な球のり感を実現しました。


(3)「エッグボール」を生み出すスピード&スピンをコントロール
X-BLADEの設計、形状、製法すべてが「エッグボール」を打つための最適なスピード&スピンを生み出し、従来品と比べストロークの安定性を高い確率で実現します。


※エッグボールとは・・・
現在、世界のトッププロが打っている球種。強烈なスピンに、前への押しが加わった、バウンド後の伸びが大きいボールで、高く跳ねるので、打たれた側には一番取りにくいとされる。途中までフラットの弾道で飛び、その後スピンでググッと落ち、その弾道が卵を縦に切った断面に見えることからエッグボールと呼ばれている。

4. 発売日 : 2005年8月23日


このページの先頭へ戻る
戻る
個人情報保護基本方針WEBサイトにおける個人情報の取り扱いサイト利用条件
copy