BRIDGESTONE ホーム会社概要プレスリリース採用情報お問い合わせ地図

プレスリリース
2005年10月
『TOURSTAGE X-DRIVE(435)』新発売
〜X-DRIVEに大型(435cm3)ヘッド、さらなる進化〜

 ブリヂストンスポーツ株式会社は、2005年1月の発売以来、プロ・上級者に圧倒的な人気を博している『TOURSTAGE X-DRIVE』からヘッド体積を大型化したドライバー(ヘッド体積435cm3)を2005年12月中旬に発売します。

 現在、男子ツアーでは、ドライバーヘッドの大型化がすすみ、ツアー出場選手の約75%が400cm3以上の大型ヘッドを使用し、そのうち約30%の選手が420cm3以上の大型ヘッドを使用しています。(サントリーオープントーナメント:ダレルサーベイ調べ)「TOURSTAGE」では「X-DRIVE」シリーズで培ってきたヘッド設計を進化させ、2008年ルール適合でも安定して飛ばせる機能を追求した「アクティブドライブ設計」を新採用。ターボラバーテクノロジーなど従来技術も加えて、プロの感性が求める高性能ドライバーを誕生させました。

 PGAツアーでは丸山茂樹選手が、日本ツアーでは尾崎直道選手、宮里聖志選手が早くも使用を開始。終盤戦のツアーを戦います。



商品特長

1.

プロ・上級者がハードに叩ける大型ヘッドドライバー


2. ルール適合モデルでも飛ぶアクティブドライブ設計

3. 幅広いユーザーに対応する重量別のシャフトラインアップ

丸山茂樹選手のコメント
方向安定性も良く、飛距離もでている。球の落ち際が強い。

’05日本オープン時点での使用者
尾崎直道選手、宮里聖志選手

  (1/3) NEXT→
このページの先頭へ戻る
戻る
個人情報保護基本方針WEBサイトにおける個人情報の取り扱いサイト利用条件
copy