BRIDGESTONE ホーム会社概要プレスリリース採用情報お問い合わせ地図

プレスリリース
2005年8月
ブリヂストンがファイアストンカントリークラブにて開催される
ワールドゴルフチャンピオンシップ(WGC)のタイトルスポンサーに

-WGCシリーズの包括スポンサーも務める-

株式会社ブリヂストン及びブリヂストン・アメリカス・ホールディング・インク(BSAH)、ブリヂストンスポーツ株式会社、ブリヂストンゴルフ・インクのグループ3社は、オハイオ州アクロンのファイアストンカントリークラブで 開催されるWGCトーナメントのタイトルスポンサーになることを、現地時間8月21日に同カントリークラブにおいて発表致しました。大会の名称は、Bridgestone Invitationalとなります。契約期間は、2006年から2010年までの5年間で、契約にはWGCシリーズの包括スポンサー(アンブレラスポンサー)契約も含まれています。なお、本契約により、Bridgestone Invitationalは、今後5年間ファイアストンカントリークラブで開催されることが確定しております。2006年の大会は8月22日から27日まで開催予定です。

WGCシリーズは、The International Federation of PGA Tours(PGAツアー)傘下のトーナメントで、マスターズやUSオープンに代表されるメジャートーナメントに次ぐ、準メジャーに位置付けられ、世界の6大ツアー※で活躍する精鋭選手たちによって戦われます。1999年に発足以来、7ヶ国で開催されており、今年のWGCシリーズはAccenture Match Play Championship(2月)、American Express Championship(10月)、NEC Invitational(8月)、Algarve World Cup in Portugal(11月)の4試合です。
※世界の6大ツアー:PGAツアー、アジアツアー、ヨーロッパツアー、日本ゴルフツアー、オーストラリアツアー、南アフリカツアー

PGAツアーを代表して、PGAツアーコミッショナーのTim Finchem氏は「我々はブリヂストンをWGCのオフィシャルスポンサーとして迎えられることを嬉しく思います。」と、コメントしています。

株式会社ブリヂストン社長の渡邉惠夫は次のように述べています。「今回、栄えあるPGAツアーのスポンサーとなることを嬉しく思っています。タイヤ及びその他ゴム関連製品と同様に、ブリヂストンのゴルフ関連商品もその精度と性能が優れていることで知られております。我々の優れたブランドと、それを支える情熱を示す非常に良い機会ととらえています。」

BSAHのCEO兼会長のMark A. Emkesは、「世界クラスのトーナメントのスポンサーとなることを光栄に思っています。Bridgestone Invitationalがファイアストンカントリークラブで開催されるのでなおさらです。当社は一世紀以上にわたってアクロン市の一員であり、ファイアストンカントリークラブでトーナメントを開催することは、我々の伝統と未来への素晴らしい架け橋となります。PGAツアー及びアクロン市と協力し、このトーナメントの偉大なる歴史を続けていきます。」と、述べています。

また、株式会社ブリヂストンは、1935年にゴルフボールの生産を開始し、スポーツの世界では非常に長い歴史を持っております。1972年にブリヂストンスポーツ株式会社として日本市場に参入し、のちにゴルフ用品のトップグループメーカーとなった後、1983年にアメリカ市場へ参入し、Preceptブランドで製品の販売を行っています。今年初めには、プレミアムブランドとして、ブリヂストンゴルフブランドを発表し、さらに広い層への拡販を目指しています。また、PGAツアー選手であるStuart Appleby、Nick Price、丸山茂樹、Fred Couplesはブリヂストンを代表する選手です。

なお、本大会は、1999年から2005年までNEC Invitationalとして開催されておりました。


このページの先頭へ戻る
戻る
個人情報保護基本方針WEBサイトにおける個人情報の取り扱いサイト利用条件
copy