BRIDGESTONE ホーム会社概要プレスリリース採用情報お問い合わせ地図

プレスリリース
2005年6月

『TOURSTAGE New X-DRIVE(365)』新発売
〜プロ・上級者が思い切り叩ける洋ナシ型、2008年SLEルール適合モデル〜

 ブリヂストンスポーツ株式会社はプロ・上級者に人気の『TOURSTAGE New X-DRIVE』から洋ナシ型形状365(ヘッド体積365cm3)を特注専用にて2005年7月より新発売します。

 『TOURSTAGE New X-DRIVE』は本格派好みのヘッド形状と新構造による飛び性能で丸山茂樹選手や伊沢利光選手ほか、今季2連勝を挙げた尾崎直道選手など当社契約男子プロの多くが使用し、2005年男子ツアーで早くも4勝をあげています。(2005年6月21日現在)また、高反発モデルだけでなく、2008年SLEルール適合モデルを発売当初よりラインアップしていることから、競技志向の上級者層に高い人気を博し、ゴルフ用品界の定店観測調査では5ヶ月連続にて店頭売上ランキング第1位を記録しています。

 2008年度R&Aルール改正を控え、SLEルールが話題となっているゴルフ市場に、ヘッド体積、形状の違う365をラインアップし、340、405と合わせて上級者のクラブ選択の幅を広げ、細かなニーズに対応します。

X-DRIVE365
【商品特長】

1. プロ・上級者が強弾道で叩けるイメージの洋ナシ形状。

2. 新発想の重量配分による、振り易さとつかまりやすさの向上により飛距離をアップ。

3. 様々なシャフトを装着できる特注専用モデル。


1.「New X-DRIVE」ヘッド体積別形状比較

340
  365   405
   

2.「New X-DRIVE (365)」の新しい重量配分

340、405同様のフェース窓構造+プラズマ溶接が余剰重量を効率的に生み出し、最適な重量配分を実現しました。プロの評価が最も良く、飛距離アップが可能な新発想重量配分です。

3.「New X-DRIVE」比較グラフ

高慣性モーメントグラフ 低重心設計グラフ
340:低・前重心による中弾道、ロースピン系
365:低・深重心による高弾道、ストレート、フェード系
405:深重心による高打ち出し安定性系
面長形状を活かし、400cm3にせまる左右に大きな慣性モーメントを実現。ハードヒッターに応える安定性、飛び方向性向上で更なる飛距離アップを実現。重心アングルも大きくボールのつかまりも向上。


「New X-DRIVE(365)」プロコメント

近藤智弘選手のコメント
左を気にせずに打てる。構えた時の安心感(形状)がある。
宮里優作選手のコメント
思い通りのフェードが打て、構えた時に弾道のイメージがしやすい。強いフェードが打てる。
飯合肇選手のコメント
ヘッド挙動が安定していて芯を外さない。捉まったフェードが打てる。


【商品内容】
1. 商品名: 「TOURSTAGE New X-DRIVE」 (365)
※2008年SLEルール適合品
2.希望小売価格 :
TXD-65シャフト ¥89,250(本体¥85,000)
TOUR AD M-65シャフト ¥99,750(本体¥95,000)
TXD-70シャフト ¥94,500(本体¥90,000)
3.発売時期: 2005年7月15日(特注受注6月20日より開始)
4.スペック
ヘッド 6AL-4Vチタン合金ボディ+スーパーアクティブチタンフェース+
ターボラバーX+タングステンウェイト(2008年SLEルール適合品)
シャフト
(推奨)
TXD-65・TOUR AD M-65・TXD-70
グリップ
(推奨)
ゴルフプライド社製 ツアーステージ オリジナルターボラバーグリップ
※上記以外のシャフト・グリップも多数選択可能

【ヘッドスペック】
モデル TOURSTAGE New X-DRIVE(365)
ロフト角 9.5 10.5
ライ角 58
フェース角 ストレート
ヘッド体積(cm3 365
長さ 44.5(推奨)
※ヘッドカバー付

【シャフトスペック】
シャフト TXD-65 TOUR AD M-65 TXD-70
フレックス SR S X SR S X S X
重さ 62 65 67 66 67 68 70 71
トルク 3.2 3.5 3.4 3.4 2.9 2.7
調子

このページの先頭へ戻る
戻る
個人情報保護基本方針WEBサイトにおける個人情報の取り扱いサイト利用条件
copy