BRIDGESTONE SPORTS ONLINE PRESS RELEASE GOLF MEGA TOWN TENNIS & BADMINTON
PROFILE RECRUIT PRESS RELESASE CUSTOMER SUPPORT

2003年3月

選ぶ!飛びウレタンシリーズ
TOURSTAGE UX ARROW Spin新発売
グリーン周りの強烈なアプローチスピンにこだわるゴルファーに

 ブリヂストンスポーツ株式会社は、「ドライバースピンで選ぶ」という新発想ウレタンカバーソリッド3ピースボールTOURSTAGE UX ARROW Spinを2003年3月14日より新発売します。

 TOURSTAGE UX ARROW Spinはアッパーブロースイングでドライバーのスピン量が少なく弾道がドロップ気味のゴルファーが飛距離をアップさせられるだけでなく、グリーン周りからのアプローチについても強烈なスピンで止めることができるボールです。

 2002年8月に既に発売して、高い評価を得ている『TOURSTAGE UX ARROW』と『TOURSTAGE UX DIA』と合わせて『TOURSTAGE UX』シリーズを完成させるボールです。価格はオープン
(店頭予想価格6,000円前後/ダース)です。

TOURSTAGE UX ARROW Spin


商品特長

1.ドライバースピンが少ないゴルファーのスピンを増加、揚力アップで飛距離を伸ばす

ブリヂストンスポーツは蓄積してきたゴルファー10,000人の打撃データを解析し、ゴルファーのドライバースピン量に着目しました。ダウンブロースイングで過剰なスピンがかかり、吹けあがって飛距離をロスしがちなゴルファーにはスピン量を低減する「TOURSTAGE UX DIA」を、アッパーブロースイングで、普通〜やや少なめのスピンでインパクトしているゴルファーにはスピン量を適性維持する「TOURSTAGE UX ARROW」を提案しました。そして一部のゴルファーにおいては、スピンが非常に少ないために弾道がドロップ気味となり飛距離をロスしています。『TOURSTAGE UX ARROW Spin』はそのようなゴルファーのドライバースピン量を増加させ、揚力アップすることで飛距離を伸ばします。

ゴルファーのスピン量分布図
ゴルファーのスピン量分布図


2.ショートゲームの強烈なアプローチスピンで勝負するこだわり派のゴルファーへ

TOURSTAGE UX』シリーズの「TOURSTAGE UX ARROW」「TOURSTAGE UX DIA」とも、ウレタンカバーを採用しているので、アプローチでよく止まります。しかし、ゴルファーの中には、さらに強烈なアプローチスピンをかけることでスコアメイクをする人もいます。『TOURSTAGE UX ARROW Spin』では、そのようなゴルファーが満足できる高レベルのスピン量を実現しています。

スピン比較
スピン比較


3.スピンと飛びを両立させるブリヂストンのテクノロジー

一般的にアプローチスピン量を増加させるとドライバースピンも増加します。ドライバースピンは過剰に増加しすぎると、弾道が吹け上がり気味になります。また、アプローチスピンを増加させるために柔らかいカバーを採用すると、反発力が低下します。その問題を解決するために、『TOURSTAGE UX ARROW Spin』では従来の『UX』シリーズ対比約2割程度カバーを薄くし、ドライバースピンの増加を適度に調節するとともに、コアを大きくすることで反発力をアップさせました。また、ディンプルは最適弾道となるよう新開発の368個ディンプルを採用し、吹けあがりのない伸びのある弾道を実現しています。


ディンプル比較
当社シームレス技術との組み合わせにより、
円形ディンプルを従来より均一かつ細密に配列。
ドライバースピンを増加させても、吹けあがりを抑え、
フラットだが低くなく力強い弾道を実現する。

既に、当社契約の田中秀道や宮本勝昌を始めとする選手が、その性能の高さを認め、使用を開始しています。 『TOURSTAGE UX ARROW Spin』が加わることで完成する『UX』シリーズ。多くのプロたちが自分にあった『UX』を選び、2003年のツアーを戦います。今年も『TOURSTAGE UX』にご注目下さい。





で戦う主なブリヂストンスポーツ契約選手
TOURSTAGE UX ARROW Spin 倉本昌弘、小林正則、田中秀道、宮本勝昌
TOURSTAGE UX ARROW 伊沢利光、尾崎直道、清田太一郎、国吉博一、友利勝良、福澤義光、藤田寛之、 丸山茂樹、宮里聖志、宮里優作、飯合肇、湯原信光、横尾要、米山剛
TOURSTAGE UX DIA 川原希、桑原克典、近藤智弘、高山忠洋
※2003年2月20日時点(五十音順)


で戦うプロのコメント
TOURSTAGE UX ARROW Spin

田中秀道
「これまで使っていたスピンタイプボールより飛んでる。それでいてアイアンでギュギュギュッと止まる感じが素晴しい。」


TOURSTAGE UX ARROW

伊沢利光
「ドライバーでのスピン量、ウェッジでのスピン量を総合して、このボールは自分に合ってる。おかげで、飛距離が前よりだいぶ伸びた。」

丸山茂樹
「ハイボールで、なおかつドライバーでのスピン量が僕にあっている。自分の思ったところに確実にボールが届く。」


TOURSTAGE UX DIA

桑原克典
「とにかく風に強く飛距離が出る。つかまりも良い。」



TOURSTAGE UX ARROW Spin製品仕様
仕様
構 造 スリーピース
コ ア ネオジウム触媒BR高スピンコア
インナーカバー 高反発アイオノマーカバー
アウターカバー 柔軟高スピンウレタンエラストマーカバー
ディンプル数 368個
ディンプル配列 20面体シームレス配列
ディンプル形状 U型ディンプル

性能
弾 道 中弾道
アプローチスピン量 非常に多い
対象ゴルファー スイング:アッパーブローゴルファー
希望小売価格
(店頭予想価格)
オープン価格(\6,000前後/ダース)
発 売 日 2003年3月14日


参考

ドライバースピンと要因
ドライバースピンと要因

多くのゴルファーは、理想の弾道のためのドライバースピンに対してスピン量が多めのため、低スピンになるようなドライバーやボールが各社から発売されています。但し、上記のような条件が複合的に絡むと、ドライバースピンが極端に少なくなり、必要な揚力が生まれず飛距離をロスする場合があります。





[BACK]