BRIDGESTONE SPORTS ONLINEPRESS RELEASEGOLF MEGA TOWNTENNIS TOWNBADMINTON TOWN
PROFILERECRUITPRESS RELESASECUSTOMER SUPPORT

2002年6月

機能追求ブランドTOURSTAGEから
盛夏対策ウェア
クールシャツ&クールネックシャツ新発売

 ブリヂストンスポーツ株式会社は、機能追求ブランドTOURSTAGE(ツアーステージ)から、盛夏対策ウェアとして汗を吸い取り、すばやく乾かす『クールシャツ』と、冷却体「サーモメイト II」が熱を冷ます『クールネックシャツ』を好評発売中です。

 『クールネックシャツ』は初登場から4年目を迎えましたが、盛夏対策ウェアとして多くのゴルファーからご好評いただいております。

 また、機能とあわせて商品ラインアップについても、ボーダー・ストライプのデザインとワンポイントマークで若々しいイメージの「アスリートライン」と、濃色の落ち着いたカラーリングと力強いデザインの「ベーシックライン」の2ライン構成としました。

 当社契約の宮本勝昌選手、近藤智弘選手にくわえ、伊沢利光選手が着用し、TOURSTAGEの世界がさらに広がりました。


クール&クールネックシャツ



COOL SHIRTS
〜汗を吸い取り、素早く乾かす〜

  1. 汗の吸収と発散効果の高い綿・ポリエステルの2層構造組織の素材を使用。
  2. 生地の組織自体が吸汗速乾機能を持ち、洗濯による機能低下がほとんどなく、常に快適な着用感が味わえます。
  3. 定番の鹿の子生地に加え、大きな編目構造で通気性に優れたボックス鹿の子や、フラットで柔らかいタッチのワッフル鹿の子など、生地バリエーションを充実。

商品概要
  品番数 主力素材 サイズ 価格帯
アスリートライン 9アイテム 綿85%/ポリエステル15%(8口鹿の子)

綿65%/ポリエステル35%
(ボックス鹿の子)


綿55%/ポリエステル45%(ワッフル)

綿65%/ポリエステル35%
(タックボーダー)


綿65%/ポリエステル35%(鹿の子)
M・L・LL \6,800〜
\9,800
ベーシックライン 6アイテム



COOL NECK SHIRTS
〜冷却体「サーモメイトII」が熱を冷ます〜

ツアーステージオリジナルの冷却機能により真夏に快適なシャツ

水に浸すだけで長時間の冷却効果が得られる「サーモメイトII」を背裏部分に着用することで、体表面のうちで最も温度が高く、比較的血管の密度が高い肩甲骨の間を集中的に冷却。効果的に体温の上昇を抑えます。プレーの邪魔にならず、汗をかく量を減らし、体力の消耗を防いで快適なプレーが可能。


パッド装着 【体表面温度変化比較】

体表面温度変化表

クールネックシャツ未着用
「クールネックシャツ」未着用
クールネックシャツ着用30分
「クールネックシャツ」着用30分

商品概要
  品番数 主力素材 サイズ 価格帯
アスリートライン 7アイテム 綿100%(鹿の子)

綿65%/ポリエステル35%(鹿の子)

綿85%/ポリエステル15%(8口鹿の子)

綿65%/ポリエステル35%
(タックボーダー)


綿55%/ポリエステル45%(ワッフル)
M・L・LL \7,800〜
\11,000
ベーシックライン 11アイテム

真夏のゴルフに潜む危機

暑熱環境下でのスポーツは、多量発汗や体温上昇等により『熱中症』にかかりやすくなります。症状が重い場合は、多臓器不全を伴う熱射病にもつながり、命にかかわる恐れがあります。
『熱中症』とは、長時間直射日光の下で運動した時に、多量の発汗による脱水と塩分の不足、末梢血管の拡張が起こり、全身への循環血流量が減少します。それにより、全身倦怠、めまい、吐き気、頭痛などの症状が起こります。7月下旬から8月上旬の梅雨明け直後が特に多いといわれています。

【予防法】

  1. 日頃から睡眠を十分にとりましょう。
  2. 吸汗速乾性が高く、通気性のよいウェアの着用や、血流量の多い肩甲骨間や首回りを冷やすなど、体温上昇を抑える工夫をしましょう。ウェアの色は、熱を反射する白系がよいとされています。
  3. 直射日光から身を守る方法として、キャップやサングラスの着用を心掛けましょう。日傘はアルミコーティングされた『銀傘』なら、太陽光(紫外線・赤外線)を99.5%カットするのでより効果的です。
  4. プレー中には十分な水分、適度な塩分をとりましょう。
  5. プレー中のアルコールは禁物です。プレー後に飲みましょう。
  6. 体調がおかしいと感じたら、無理は禁物です。プレーを中止するか、中断し木陰での休息や、水で体を冷やす等、必要な手当てをしましょう。




[BACK]