BRIDGESTONE SPORTS ONLINE PRESS RELEASE GOLF MEGA TOWN TENNIS TOWN BADMINTON TOWN
PROFILE RECRUIT PRESS RELESASE CUSTOMER SUPPORT

2001年4月


 ブリヂストンスポーツ株式会社(社長:大須賀 治夫)の米国法人ブリヂストンスポーツU.S.A(ジョージア州アトランタ)が米国内で販売をしているゴルフボール「PRECEPT MC LADY(プリセプト エムシー レディ)」が、米国調査会社(Golf Datatech)の調べで2001年2月の"on&off-course"(ゴルフ場及びゴルフ専門店)小売実販売で単一商品(銘柄)シェア−で6.4%を獲得し第一位になりました。また、同調査で"プレミアム商品"(小売平均単価$20/1打以上)のカテゴリーでは、当社「PRECEPT」ゴルフボールのシェアは、今年に入り需要の低迷している米国市場で2位と大健闘しています。 「PRECEPT MC LADY」は1998年より、米国で販売開始したもので、昨年秋以降販売量が急増し、2001年第1四半期のブリヂストンスポーツU.S.Aからの出荷数量は前年同期比、約10倍という驚異的な数字となっています。当社アトランタ工場では増産に増産を重ねておりますが、販売店からのご注文に応じきれず約1ヶ月待ちの状況です。また、米国のゴルフ雑誌に「もう少し、お待ちを!!」といったお詫び広告を掲載しています。



「PRECEPT MC LADY」は商品名のとおり、当社の米国戦略ブランド「PRECEPT」の女性向商品として販売をしていますが、幅広いヘッドスピードのゴルフプレーヤーにその「目を見張る飛びとソフトな打感」が認められました。今回の販売急増の牽引となった購入者のほぼ9割が男性ゴルファーであると言うことも特徴的な出来事です。

  ブリヂストンスポーツのゴルフボール開発は、1982年の「ALTUS(アルタス)」のソリッド2ピースボールの販売開始から、2001年春発売のアマチュア向けソリッド3ピースボール「TOURSTAGE amz(アムズィー)」、丸山茂樹・伊沢利光プロほか多くの契約プロが使用しているウレタンカバーソリッドボール「TOURSTAGE U-Drive(ダブルユードライブ)」にいたるまで常に「ソリッドボール開発技術」をリードして来ています。当社が1991年に米国でゴルフボール工場を本格稼動させ、「PRECEPT」ブランドで市場参入した時も「ソリッドボール開発技術」でUSPGAツアーに新風を吹き込みました(N.プライスプロの2年連続賞金王獲得)。また、USPGAツアーで評判になっているウレタンカバーソリッドボール「PRECEPT TOUR PREMIUM」をいち早く開発しています。

  このたびの「PRECEPT MC LADY」販売シェアNO.1獲得はソリッドボール開発から生まれた「柔かい打感」「高い弾道」「優れた飛距離」といった高機能が米国の多くのゴルファーに認められたものと考えます。


[BACK]

Copyright : 2001 by Bridgestone Sports Co.,Ltd.