1. ブリヂストンスポーツホーム
  2. 健康経営への取組み

健康経営への取組み


ブリヂストンスポーツは、「すべての従業員が心身ともに健康であること」が最も大切であると考え、従業員の健康支援と活力を増進する様々なプログラムを推進しています。今後も従業員がいきいきと働ける環境を整備し、一人ひとりが能力を発揮出来るよう努めてまいります。

これまでの取組み

健康プログラム

「健康への意識を高めること」「疲労やストレス解消法を学ぶことで強い体をつくること」を目的に、社内でヘルスチェックやヨガ・格闘フィットネス・眠りやマインドフルネスをテーマにした講座等、各種健康プログラムを実施しています。プログラム終了後にはアンケートを実施し、取組みや健康に関する理解度について効果検証をおこなっています。

<プログラムの様子>

健康経営への取組み
健康経営への取組み

健康に関する相談体制

定期健康診断・ストレスチェック終了後に産業医・保健師との全員面談を実施しています。健診結果をもとに追加検診の推奨や栄養・運動指導等を行い、健康課題把握をサポートするとともに、従業員が気軽に相談出来る体制を整えています。また、全国で対応可能な外部相談窓口の設置や女性相談月間の実施等、メンタルヘルスケアや女性の健康に関するケアにも力を入れています。

外部認定

健康経営への取組み

当社は、従業員が行うスポーツ活動の支援や促進に向けた取り組みをしている企業として、スポーツ庁から『平成30年度スポーツエールカンパニー』に認定されました。

健康経営への取組み

当社は、社員のスポーツ活動の促進に向けた取り組みやスポーツ分野における支援を実施している企業として、東京都から『平成30年度東京都スポーツ推進企業』に認定されました。