教育研修制度/福利厚生

教育研修制度

ブリヂストンスポーツでは、「人が会社を育て、会社が人を育てる循環をつくる」という経営姿勢の下、「仕事を通じての成長のみならず、教育・研修機会を与え、企業戦略の必要に応じた人材を育成する」ことを目標に研修体系の充実に努めています。

教育研修制度

1. 内定者研修

学生から社会人への切替準備として、基本的なビジネス知識を通信研修で学びます。

2. 新入社員研修

学生から社会人への意識の転換を図りながら、ブリヂストンスポーツの社員として身につけておきたいビジネスマナーをはじめ、当社の概況、商品知識などを学習します。総合職はこのほかに、工場実習・物流センター実習・営業実習があります。

3. 入社2年次フォロー研修

入社2年目を迎えた新卒採用社員を対象とした研修です。本研修では「仕事の基本」「報告・連絡・相談」と「チームワークの基本」を、実習を交えた研修で再確認し、先輩社員として立場の自覚と職場における役割を学びます。

4. 階層別研修

新入社員から経営幹部まで、各階層に必要な知識やスキルを学びます。
オンラインで学習のため、自分のスケジュールに合わせて「いつでも」「どこでも」受講することができます。
本研修で得たものを職場で実践し、実践することで成長へつなげるプログラムとなっています。

5. 各種研修

企業活動について理解を深める研修や、仕事を進めていくために有効な各種研修を用意しています。



福利厚生

  • 社会保険完備(雇用・健康・労災・厚生年金・介護)
  • 社宅・寮
  • 財産形成(一般財形、住宅財形、年金財形)
  • 退職金・退職年金
  • 共済会(祝い金、弔慰金、医療補助、見舞金など)
  • グループ保険(団体割引料金で各種保険に加入が可能)
  • 体育文化施設、契約ホテル、契約スポーツ施設
  • 産休、育児休職制度、介護休職制度
  • 定年再雇用制度
  • クラブ活動
  • 保養施設(全国5ヶ所)
認証マーク「くるみん」
当社は、次世代育成支援対策推進法に基づき、子育て支援のための取り組みに関して一定の基準を満たした企業として、厚生労働省・東京労務局から2014年・2016年に認定を受けています。